日本・ベルギー国際版画交流展

  • 世界的にもレベルの高いベルギーの現代版画、そして日本の現代版画を紹介する展覧会です。
    版画は文化のアンバサダーと言われますが、今回は京都の現代版画作家、関東の現代版画作家そして先駆的なベルギー作家のコラボレーションとして宇フォーラムにて展開されます。

    ■場所: 宇フォーラム美術館(当館)
    ■期間: 2015年6月4日(木)~6月28日(日)
    ■主催: 日本ベルギー国際版画交流実行委員会
    ■共催:( 公財)くにたち文化・スポーツ振興財団
    (くにたちアートビエンナーレ運営委員会・実行委員会)
    ■協力: プリントザウルス
    ●入館料:一般 300円 / 会員、障がい者及び小学生以下無料
  •  
  •    < お問合せ >
    国際版画交流展(望月)080-5414-9654
    moon-river@s6.dion.ne.jp
    入場料 *一般:300円
    *会員、障がい者及び小学生以下無料































































































































  • パノラマで展覧会の様子がご覧になれます
  • セミナー
  • パーティー
  • 展覧会の様子
  • 集 合 写 真







































































  • 日本・ベルギー国際版画交流展
  • 日本・ベルギー国際版画交流展が開催されています
  • 6月4日から日本ベルギー版画国際交流展第一期が始まり、6月9日にはオープニングレセプションが開かれた。この国際的展覧会は京都、ベルギーセントニクラス市に続いて第3回目となる。そもそもこの展覧会は、版画作家の企画による民間企画主導の展覧会で、今回は1期、2期合わせて日本側24人、ベルギー側27人計51人が参加するという大々的な展覧会となった。ベルギーから3人の作家、ヒルデ・ファン・デン・ヒューベル、コレット・クリーレン、リンダ・ビンク、クリス・フェアへーエン、デーク・ゾエト各氏が来日され、2名が講演された。今回国立市のくにたちアートビエンナーレの協力事業となったため共催者の国立文化・スポーツ振興財団の理事長、国立市長、国立市教育長各氏も参加し挨拶をされた。写真のように多くの参加者があり大変盛況となった。1期は28日まで、2期は7月2日から31日まで開かれているので是非来館ください。